専業主婦キャッシング

専業主婦でも借りれるキャッシングはあるの?

2006年の改正貸金業法が施行されて以来、専業主婦がキャッシングすることが難しくなっています。

 

専業主婦は、家事や育児に忙しくしていることもありますが、現金収入がないという理由で、融資が制限されています。

 

ここでは、専業主婦がキャッシングする際の注意点についてご紹介します。

 

 

■専業主婦を規制しているものとは?

 

専業主婦のキャッシングの障害となっているのは、貸金業法の

 

 総量規制

 

という仕組みにあります。

 

総量規制は、過剰融資を防止するための仕組みのことで、

 

 年収の3分の1までの融資

 

しかできないというものです。

 

専業主婦の場合は、いくら忙しくしているとはいえ、現金収入がないので、消費者金融からキャッシングすることができないことになります。

 

 

■総量規制の影響を受けないキャッシング

 

このように書くと、「専業主婦だから、あきらめないといけないのか・・・」と思われるかもしれません。

 

しかし、総量規制は、すべてのカードローンを規制するものではなく、貸金業法が規制する

 

 ・消費者金融
 ・信販会社
 ・クレジット会社

 

などだけです。

 

つまり、貸金業法が規制していない「銀行」のカードローンなら、専業主婦でも利用できる可能性があることになります。

 

 

■銀行カードローンなら大丈夫?

 

ここで注意してほしいのが、銀行カードローンの全てが専業主婦に融資しているわけではない、という点です。

 

総量規制対象外の銀行ローンでも、年収のない専業主婦に融資するかどうかは、銀行ごとの判断で決まります。

 

オリックス銀行カードローンのように、年収に要件のあるカードローンもありますので、申込先に注意する必要があります。

 

もっとも専業主婦におすすめできるのは、三菱東京UFJ銀行のバンクイックです。

 

バンクイックなら専業主婦でも「限度額30万円」まで認められますし、総量規制の影響もありません。

 

申し込みに必要な「運転免許証」を用意して、すぐにでも申し込んでみてはいかがでしょうか。